私なりに真っ向からコロナに向き合ってみた

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、りんたろう(@rin_moneylog)です。

ちょっと間が空いてしまいましたー

この間に緊急事態宣言が発出されましたね。
私の住んでる地域では対象外ですが、
東京歴が長かったので、対象外ではあるものの重く受け止めています。

先々週かな?住んでいる地域で初のコロナ感染者が出ました。
自分なりに、うつらないように、うつさないように行動はしていましたが
いよいよすぐそばまで来ていると感じました。

そこでちょっとスイッチを入れて、情報感度を上げてみました。
日本政府の施策、県の動き、市の動き、市民の声
テレビやネットやSNSなどなどで、情報をキャッチする行動をしました。

その結果、、、なんか、すごく疲れました。
やれと言われたら長時間してられるぐらいのネット民ではあるものの
とても疲弊しました。

感染者が出たことでパニックになってる市民のヒステリックな声
嘘かホントか全然わからない大量のデマ
デマだろうと思ってかかると、誰の声も信用できない
対応の遅い行政
SNSの使い方がへたくそな県知事
効果のない対策をドヤ顔で話す日本政府

自分的な気持ちの持ち方や、対処方法、備え方、ウィルスの知識
そうゆうものは探して感度をあげたつもりだったのに
有益な情報にはたどり着けずイライラするだけでしたね。
だから疲れちゃった。

その中で、ちょっと違くない?と思ったことは、
自分の身、家族の身を守る方法を、
信用できない誰かに、他人に預けて文句を言っている人が多いこと。

世の中には、
「決めれない人」が多いなと思いました。
「(誰かに)決めてほしい人(責任を取りたくないから)」が多いなと思いました。

でもそれって
幸せに、順当に、まっすぐに生きてきたってことなんですよね。
そんな重要な局面に遭遇して、2択を迫られるようなこともなくて
周りに合わせてたら大丈夫だったとか、誰かが教えてくれたとか
たぶんこれまでピンチがなかったんだと思います。

まぁ有事の際には弱いかもしれないけど、
本来日本はそんなにサバイバルな国ではないしね。

でも、コロナは、現在の日本は
大げさではなく選択を誤れば「死ぬかもしれない」。
日本に逃げ場はない。海外にもない。目の前の家族を守らなければならない。
いろいろなリスクが目の前にあって、それと天秤にかけるのは「命」で。
まぁ。。。ヒステリックにもなるか。。。

確かに日々変わる情報をキャッチして、それに対応して、デマを見分けて
そんなことをしてたくさんの情報の中にいると、何が正解かわからなくなる。

なので、そんな時は、パソコンもスマホもテレビも無しにして
頭の中をシンプルにしてほしい。
そして一つだけ、自分にとって何が一番大切かを考えてほしい。
自分の命
家族の命
お金
プライド
日本
世界
人によって違うと思います。

それが決まったら、それを守るための情報を手に入れて、守る方法を考えましょう。
人も行政も関係なくて、
自分が大切なものを守るために、自分が出来ることを考えましょう。

心が疲弊したら、考えれないし、行動できないからね!
まずは気持ちのリフレッシュをして
そしてリスクも考えておこう。責任の取り方も。
決まったら腹をくくれってことですね。

ビジネス的な観点からすると、とてもチャンスだと思っています。
とは言っても、
りんたろうはしがない派遣社員なので、
自分の会社でのビジネスチャンスはないのだけれど、、、
(むしろ派遣切りにおびえています)

東京時代の友人は飲食店やクラブ(音楽の方の)関係の人が多いこともあって
みんな困っています。危機的状況でもあります。

でも、こんな時だからこそ、できるスキームがあると思うんですよね。
テイクアウトに切り替えるなり、ネットでお客さんと繋がってファンを増やすなり、、
お客さんが来なくて暇ならいっぱい考えてほしいなぁと思いますw

あとIT系の会社勤めだったりするので、ここはちょっと利益度外視して
いい仕組みを作ってほしいなぁとも思います。

ここは他人まかせー!

いつまで続くかわからないこの戦いを全力疾走しては、体も心も持ちません。
この現状を受け止めて考えるということは、なかなかつらい作業だけれど
イライラしているよりかは、前に進めるんじゃないかなぁと思います。

本日は語りで終わりにします!

りんたろう
りんたろう

最後まで読んでくれてありがとうございました(´艸`*)
ランキングに参戦中です!お帰りの際にクリック!クリック!
ブログランキング・にほんブログ村へ

それではまたね(`・ω・´)ゞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる